関連情報リンク集4

もくじ

  1. どうやっていい賃貸を探したらいいか
  2. 賃貸物件を路線や駅で選ぶ
  3. 賃貸物件の入居時に押印を求められる理由
  4. 賃貸住まいで引っ越しをするタイミング

どうやっていい賃貸を探したらいいか

街で配られている賃貸情報誌を取ってきて目を通したり、チラシを目にしたりして物件探しを行っている人も多い様です。

しかし、ここ数年ではオンライン上で探すという人が圧倒的に多くなっています。また、パソコンがない人でもスマフォ用のサイトが開設されるなど便利になる一方です。

インターネットに接続するだけで最新の情報をすぐにえられるという事はもちろん、情報量が非常に充実しているというのが大きな魅力の一つではないでしょうか。

一つの方法だけで探すのではなくて、これらの中のいくつかの方法を同時に使いながら見つけるといいかもしれませんね。不動産会社に行く前に、ある程度の賃貸を絞っておくと話が早く進むかもしれませんね。

賃貸物件を路線や駅で選ぶ

賃貸マンションを探す時の方法として、路線から選ぶという方法がありますが、この時に注目しておきたいポイントがあります。それが、他の路線との位置関係です。

賃貸マンションによっては、歩いて2つや3つの駅に行ける環境の中にあり、別の会社の電車に乗りやすい場合があります。こういった環境下で生活すると便利なことがありますので、気にしておくと良いものです。

都内の場合ですと、例えば東京メトロと都営の電車が走っていますが、どちらも乗れる位置にマンションがあると結構便利なものです。ちなみに、東京メトロは一日乗車券が600円という安さですから、そういったサービスを利用しやすいよう、駅選びにこだわるのも良いものです。

賃貸物件の入居時に押印を求められる理由

賃貸物件に入居する手続きでは、賃貸借契約書を始めとしていくつかの書類に押印をします。しかし、本来契約は、法律や条例などで義務付けられている場合以外は、手続きに瑕疵が無ければ押印の有無に関係なく効力が発生します。それにもかかわらず、書類に実印を押すことを求めるのは、後に契約をめぐるトラブルが起こったときに備えたいのが理由です。

賃貸においてよく起こるトラブルの一つに、賃料の未払いがあります。借主が賃料を支払ってくれない場合は、連帯保証人に賃料の支払いを求めるのが一般的です。このとき、承諾書や契約書にサインのみしかされていないと、連帯保証人が色々と難癖をつけて支払いに応じてくれない可能性がありますが、実印の印影も存在していれば、連帯保証人は支払いを逃れようがなくなります。

賃貸住まいで引っ越しをするタイミング

賃貸住まいをしていく中で、引っ越しをするタイミングというのは、色々なものがあります。よくあるのは、出産や子どもの成長に伴って、家の中が狭く感じ、もっと広いところに移るというパターンです。

また、特にそういったことがなく、普通に暮らしていても、問題が発生して移り住むというパターンもあるものです。よくあるのが騒音トラブルによる引っ越しです。騒音に悩まされている場合、音の元がはっきりしても、なかなか解決には至らないことがあります。そういったタイミングの時に、新しい賃貸物件に移ることで、問題の解決を図るわけです。

賃貸マンションや賃貸オフィスに関する関連記事